• ホーム
  • EDが薬で治るというのは都市伝説なのか

EDが薬で治るというのは都市伝説なのか

困っている男性

EDの定義は世間の人々が考えている以上に広いです。
一般的には完全にペニスが勃起する働きを失った状態だけが、EDだと思われています。
しかし、実際はペニスの固さが減退している事、本人の意思で好きなときに勃起出来ない事、あるいはセックスの真っ最中に唐突に萎えてしまう事なども、その定義に該当します。
日本人男性の発症率は決して低いとは言えません。
調査によっては成人男性のおよそ3人の1人位が、広義のEDになります。
EDは専用のお薬で治るので、そう気にする事はない、という意見を耳にした事がある方は多いはずです。
勃起力が不安定になる慢性的な症状が、お薬一つで治療出来るなんて都市伝説だと信じない方々もいらっしゃるかもしれません。
確かについ先日まで日本国内ではED治療薬が未承認だった事もあり、大衆に専用の医薬品が行き渡る事はありませんでした。
しかし、近年では公にED治療薬が承認され、身近な医院で処方されています。
ED治療薬は国内では入手不可、国内で手に入るなんて都市伝説だ、という意見は、以前だと正しかったですが、今日ではむしろ誤りです。
実際に勃起力の問題を抱える日本人の多くが、専用のクリニックに行く事で、治療に役立つ医薬品を処方されています。
医薬品の効き目は安定感があり、ただ薬を飲み、数十分待つだけで立つ気配がなかったペニスに、元気が蘇ります。
薬にもバイアグラ、レビトラ、シアリスなどこの他にもジェネリック医薬品を含めて様々なED治療薬があります。
どれもED治療薬として、勃起効果を発揮し、悩みを解決してくれるということで人気があります。
中でも、レビトラは海外で人気です。
ED治療薬には勃起を支援する働きと主成分が入っており、性的な気持ちになる事で、ED治療のスイッチが起動し、30分位で、ペニスは健全な固さと太さを復活させます。
既に医薬品には複数の種類が存在しており、即効性が強いタイプもあれば、
持久力に評価が高いタイプもあり、男性ユーザーのニーズに合わせて品物を選択出来ます。
コストパフォーマンスを気にする方にはジェネリックを選ぶことを推奨します。
中でもレビトラジェネリックは安いことで有名であり即効性もあることからお手軽さが他のED治療薬と比較しても抜きんでています。

関連記事