• ホーム
  • EDになったら男としての人生を諦めるべきなの?

EDになったら男としての人生を諦めるべきなの?

悩んでいる男性

EDになっても人生を諦める必要はまったくありません。
今は即効性のあるED治療薬も登場しており、服用すれば1時間せずに勃起してくれるという優れものです。
保険の適用外なので薬価は高いですが、個人輸入なら安価なジェネリックを取り寄せることもできます。
1錠100円台という格安ジェネリックも存在するので、経済的に余裕がなくてもED対策はできます。
EDになると完治しないと思われている方が多いですが、そんなことはありません。
肥満や高脂血症などと同じように、生活改善をすれば改善できるのです。
勃起力は老化により減退していくため、40代になって精力剤を服用しても、20代のころのような元気は手に入りません。
しかし、これは自然現象であり仕方のないことです。
年齢に見合った勃起力があれば、快適な性生活を送ることができるのです。
EDになったら男は終わりと考えている方もいますが、EDとは成人病や生活習慣病の一種なのです。
乱れた生活習慣が継続することで、ペニスが思うように立たなくなります。
性欲を覚えてもペニスが反応しにくくなり、また反応はしても中折れするなど支障が出てしまうのです。
ペニス自体に原因があるケースは稀なので、まずは生活を見直していきましょう。
特に大切なポイントは血液をサラサラにすること、しっかり睡眠をとることです。
当たり前の対策ですが、多くの方は実践できていません。
EDとは血液関連の症状だと考えていいでしょう。
陰茎海綿体への血流に問題があり、スポンジ状の海綿体が十分に膨らまなくなるのです。
勃起とはスポンジに大量の血液を含ませて大きくすることで発生します。
食生活のバランスが悪い方は、血流を悪くする脂肪分を摂りすぎない対策が必要です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧